仕事

接客業に向いてない人は、早く転職した方がいいよ

mako
mako
・接客業に向いてない…。
・接客でミスばかり…。
・接客が辛い…このまま続けて大丈夫?

と感じている方に向けた記事です。

私も同じように「接客業に向いていない」と悩んでいた経験がありますが、今では転職をして楽しく仕事をしています。

そんな経験を踏まえながら

接客業に向いてない人は早く転職した方が良い理由

について書いていこうと思います。

そもそも接客業に向いていない人の特徴とは?

当てはまる人は接客業で力が発揮しにくい人材かもしれません。

人に興味がない人

接客業ではお客さんへの気配りがとても大切です。

・商品の違いが分からずに悩んでいる人
・イヤホンをして話しかるなオーラ全開の人
・妊婦の方や、お年寄り

それぞれお客さんをよく観察していなければ、気配りのできた接客はできません。

つまり
「このお客さんは何を買いに来たんだろう?」
「なぜ買いに来たんだろう?」
「どんな事に困っているのだろう?」

と、お客さんに対して興味を持つ姿勢を、普段から持っていない人は、接客業には向いていないかもしれません。

マニュアル通り接客をしているだけでは、いずれAIロボットや自動レジに代替えされていくでしょう。

喋るのが苦手な人

商品の説明がうまくできなかったり、マニュアル外のトークがまったくできない人は要注意です。

私も喋るのが苦手なタイプなのですが、商品の説明をしても上手く伝わらずポカーンとされてしまったり、世間話を振られても変な間が空いてしまったりと、接客で変な空気になることが良くありました…。

人と喋るのが苦手な人や、ストレスになってしまう人は接客業には向いていないでしょう。

「何を考えているか分からない」とよく言われる人

「何を考えているか分からない」と言われる人は、要は話しかけにくいオーラを纏っている人なのかもしれません。
こういった人も接客業には向いていない可能性が高いです。

例えば無表情な事が多かったり、人と目を合わせたり笑うのが苦手な人は、周りからは話しかけにくいと思われています。
接客業ではお客さんにとって親しみやすさや心地よさがとても大切です。

これらは性格的な要素が強く、意識してすぐに改善できるものでもありません。

私も意識をして改善を試みましたが、最終的に無理に明るく振る舞う事がしんどくなりました。

接客業に向いていない人が早く転職すべき理由

mako
mako
接客業に向いてない人は早く転職した方がいいよ。

接客スキルだけでは今後転職しづらくなる

接客が向いてないと感じたらすぐ転職すべき最大の理由は

”接客スキルだけでは接客業への転職しかできなくなるから”です。

25歳を超えてくると、未経験での転職の難易度はかなり高くなってきます

接客業に向いていないと感じていながらズルズルと続けていると、いつの間にか他業種への転職の道が閉ざされていた…。なんて話もよく聞く話です。

つまり接客業に向いていないと感じたら、なるべく早く自分に向いている事を探し、転職をするべきなのです。

向いていない仕事を一生続けていくのはかなり大変だと思いますよ…。
逆に接客業に関して言えば、慢性的に人手不足が続いている業界なので、接客業に戻りたくなったら戻るのはそこまで難しくありません

未経験の状態でも雇ってもらいやすい20代のうちに決断をして転職するのがおすすめです

向いている仕事をする方が100倍楽しい

当たり前ですが、向いている仕事をする方が圧倒的に楽しいです。

向いているということは、今までと同じ努力で100倍の成果を発揮できるような才能に他なりません。

接客業ではまったくの役立たずだったとしても、デザイナーやプログラマーで自分の真価を発揮してバリバリ活躍しているという人も大勢います。

向いていない仕事で埋もれるのではなく、向いている仕事で楽しく仕事をしましょう。

まずは自分に向いている事を見つけよう

焦ってすぐに転職するのではなく、きちんと自分が向いている事が何か見つけてから転職活動をする事をおすすめします。
でないと同じことの繰り返してしまい、早期退職が続く原因になってしまいます。

自分が向いている仕事を見つけるのにおすすめなのが、リクルートの提供しているグッドポイント診断です。

この診断では自分の強みや長所を基に適職を無料で診断してくれます。

自分がどんな仕事に向いているかを知る事で、転職へのイメージも膨らんでいきますし、自己分析ツールとしてもとても優秀なので、一度は必ず診断しておきましょう。

私も接客業から転職をしました。

接客業からの転職はエージェントを活用しよう

mako
mako
ぶっちゃけ接客業からの転職はかなり大変でした。

自分のウリになるポイントが語りづらいんです…。
求人サイトからの応募では中々書類選考も通らないという状況でした。

そんな時に私が使ったのが、【リクルートの転職エージェント】です。

転職エージェントとは無料で求職者をサポートしながら、企業側に自分を売り込んでくれる営業マンのような存在です。

転職エージェントとは
  • 転職相談
  • 面接対策
  • 求人紹介
  • 履歴書添削
  • 面接の日程調整
  • 年収や条件の交渉

等を個別に無料で行ってくれるサービスのこと

転職するか迷っているという段階からでも無料で相談することができ、気になる業界の新鮮な状況や、自分が転職ができるか?という事まで客観的な意見やアドバイスもしてくれます。

転職エージェントに切り替えてからは、自分でも気が付かなかった自分の強みを知れたり、エージェント側が私をプッシュしてくれたり、履歴書の書き方などもアドバイスをくれるので、圧倒的に面接に進む回数が増えました。

面接に進まなければ戦いすら始まらないので、接客業の方は積極的に転職エージェントを活用するのがおすすめです。

接客業に向いていないと感じている方は、手遅れになる前に行動をおこしましょう!

公式サイト

転職支援実績No1の【リクルートエージェント】で転職する